fertility-pill

mama日記

【妊活】排卵誘発剤を併用してのタイミング療法を実践!

1度目のタイミング療法に失敗し、次に始めたのが投薬をプラスしたタイミング療法でした。

クロミッド(クエン酸クロミフェン)という内服薬とhCG注射です。

まずクロミッド(クエン酸クロミフェン)は月経開始後3~5日目※から

1日1〜2錠を5日間服用する錠剤で、排卵を促す飲み薬です。

※飲み始めるタイミングは個人個人で異なるようです

そして月経開始後10~15日目に卵胞の発育を観察するため、

再度受診、という流れです。

ちなみに私は13日目に受診しました🏥

この時にまたエコーを確認👀

卵胞がちゃんと育っていますね。卵子として排出させるためにhCG注射をおこないます。

hCG注射は、育った卵胞をちゃんと卵子として排出させるための注射だということでした💡

この時からまた数回タイミングを取りました。

じゃあ次回は受精が成立しているかどうかを見るので、また○日後に来てください

今回こそ、薬も使っているしうまく行きますように✨と願いながら・・・

次の受診日を待ちました。

ちなみにこの2つの治療薬の副作用についてですが・・・

hCG注射は普通の注射と同じくらいのチクッとする程度の痛みで

全然平気だったのですが、

クロミッドが私にとって苦痛でした。。。

服用した翌日がちょうど会社がお休みの日だったのでよかったのですが、

熱っぽくてだるくて気持ち悪くて、吐き気・頭痛・食欲不振の症状が出ました😭

副作用で気持ち悪くなるから注意してね、

とは言われていたのですがここまでとは・・・😫

旦那と出かける予定があったのですがそれもできず💦

今思うとつわりのひどい時の症状に似ていました💦

これも・・・ベビーに会うため・・・!と必死に耐えて5日間服用しました。

ところがその次の検診で受精は確認できず。。。😭

なかなかうまくいかないことに もどかしくなる・・・�

そしてもう一度同じ治療法で次の周期も試すことになりました。

次の周期のお話は次回更新します🌸

おすすめ

mama日記 1

妊活のこと、これから産まれてくる子供のこと、子育てのこと、などママの体験談日記です。

出産準備ToDo 2

出産までの間にやっておいた方がいいTO DOについての記事です。

-mama日記

© 2021 KONOTORI BLOG